忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10.
先日、担当の弁護士に会いに法律事務所まで行ってきました。
離婚が決まって以来久しぶりでした。

担当の弁護士には離婚調停のころからお世話になっていますので、もう5年以上の付き合いになります。
本当は
「ありがとうございました!また何かあったらお願いします!!」
「もう私からの仕事はありません!」
って宣言できればいいんですけどね……

「またお願いします……トホホ」
ってな感じで、財産について第1回の作戦会議を開催してきました。


二人とも相手の性格を良く知っているだけに、財産については調停じゃダメだというのはよくわかっています。
今まで話し合いで決まったことなど何一つないのですから。 
やるなら訴訟だろうということですが、弁護士によると、財産分与というやり方と共有物分割というやリ方があるそうです。
いろいろと聞いてみたものの難しくて……、理解がいまいちなんですが。
おおまかにいうと、裁判をする上での手続きの違いということで、実務的にはほとんど変わらないそうです。家庭裁判所でやるのか地方裁判所でやるのかといった違いぐらいとのことです。

間違っていたらごめんなさい。
これから勉強していかないいけませんね。

PR
離婚が決まったというのに、まだ晴れ晴れとした気分になれないhirasugaです。
というのも、財産分与の問題がまだ残っているからです。

離婚訴訟をおこしても、判決が出る前に和解で財産や慰謝料を含めた解決をするのがいいそうです。
離婚と同時に、財産や慰謝料などの問題を一緒に解決できるから当たり前かもしれません。

裁判所も判決の前にほとんどが和解の場を設けます。
裁判官だって、面倒くさい判決文を書かなくて済むわけですからね。勝手な想像ですが……。
調停のようにお互いの主張をぶつけあうようなものではなく、裁判官が判決内容を心の中にもちながら話を進めていくので、調停よりは妥協点を見出しやすいのも和解の特徴かもしれません。
ただし、和解ですので結局はお互いが納得いかなければ決裂しますが……。

私の場合は、相手と金額面で1千万円以上の開きがあったので妥協点はみつかりませんでした。
結局、判決で離婚が決まったため、慰謝料以外の問題は残ってしまいました。
決着としては最悪です。
私には、共有名義の住宅をはじめ車や電化製品家財道具等の動産などがあります。
この財産分与の解決をしない限り、離婚問題に決着がついたとはいえません。
今は、弁護士に依頼しようか考えているところです。
知識もない状態ですので、勉強をしながら考えていきたいと思っています。
まだまだお金と時間がかかります。


上告棄却の決定が届きました!!
離婚が決定です。

5年に及ぶ離婚問題にようやく決着が付きました。
みんなが注目するような裁判につきものの「勝訴」なんて華々しさはまったくありませんけど、私にはとっては人生の十大ニュースにエントリーするくらいの出来事になりました。

最高裁からの知らせは茶封筒での郵送でした。封筒の中には上告棄却の決定が知らされた紙面が入っていました。
文章をよく読んでも離婚の文字はまったくありません。
上告を棄却うんぬんとしか書いていないんですね。
離婚をしていいということが文章にはっきり書いてあればもう少し実感があったのかもしれませんが、棄却だけだと本当に離婚か一瞬心配になってしまいました。
なんかあっけないものですね。
こんな決定をもらうだけに5年の歳月、莫大なお金と精神的ストレスをおわなく負わなくちゃいけないなんて……。
それでも、疫病神と縁が切れたことに感謝しないいけませんね。

晴れて、人生の再スタートが切れる喜びは最高です。
卑怯なことを散々してきた元妻と比べれば、私は誰にでも十分誇れるほど忍耐強く、正しいことをやってきました。
辛くても、正しいことをしていくことが今後の人生で役立つんじゃないかと思っています。
これからは、離婚で悩む人の力になれればいいですね。
 

上告されて3ヶ月が過ぎようとしています。
 最高裁からはまだ何の音沙汰もありません……。
 離婚のような個人的なことは即棄却してほしいものですね。憲法違反なんてありえませんし。
 最高裁は日本で一つしかないのですから、くだらない上告は認めるべきではないと思います。

 今日のニュースで離婚後300日問題が取り上げられていました(以下に掲載)が、中には離婚手続きが長引いている間に、他の男性と同棲し妊娠してしまったケースもあるそうです。
 一方がどうしても離婚したいというケースでは、どう考えても結婚生活が継続できるとは思えません。
 裁判までいってしまうような夫婦は、婚姻関係の修復は不可能でしょう。
数年間も離婚裁判をやっていればこういう問題も出てくるのは必然です。
 いろんな影響があることを裁判所にはわかってもらいたいものです。

 
「離婚後300日規定で無戸籍の女性、出産へ 出生届、不受理の恐れ」

離婚後300日規定により親の出生届が受理されずに無戸籍となった兵庫県内の女性(27)が妊娠し、6月中旬に出産する予定であることが分かった。

戸籍法は、出生届に母親の本籍地記載を義務付けている。
地元自治体も「現状では出生届は受理できない」としており、生まれる子供も女性と同様に無戸籍となる可能性が高い。
無戸籍となった人が出産するケースが明らかになるのは初めて。  

女性の50代の母親は、前夫の暴力などが原因で離婚。
離婚から73日後、後に再婚した男性との間に女性を産んだ。
母親は、規定を覆す手続きの複雑さや、前夫に居所を知られたくない事情から、前夫を巻き込んだ裁判をすることが難しい状態だった。
このため女性は無戸籍となり、小学校には4年間しか行けなかった。
医療サービスも受けられず、投票もできなかった。

女性は昨年夏、小中学校の同級生の夫(27)と結婚式を挙げたが、戸籍がないため婚姻届を出すことができず、事実婚の状態。
昨年秋に妊娠が分かり、順調なら6月中旬に出産する。
不安に思った女性は今月、地元自治体に相談したが、「母親の戸籍がなければ、子供の出生届は受理できない」との対応だった。
女性は「子供にまで自分がした苦労はさせたくない」と話している。

法務省民事局は「無戸籍となった人が出産する例は今まで聞いたことがない。
どうすべきか今後検討したい」と話している。

毎日新聞 2008年5月20日 東京朝刊

みなさん、こんにちは。
『旧 離婚調停・裁判日記』を応援していただいた方も初めての方も、ようこそ『離婚騒動を大公開!離婚調停・裁判レポート』へ!

管理人のhirasuga(ヒラスガ)です。
『旧 離婚調停・裁判日記』では別のハンドルネームだったのですが、わかりにくい(呼びにくい?)というご指摘も多々ありましたのでネームをhirasugaに変更しました。 少しは親しみやすくなったかな。

いろんなコメントやトラックバックなどをしていただければうれしいです!
相互リンクも受け付けておりますので、気軽にお問い合わせください。

昔の記事やコメントの日付が違う場合もありますが、ご了承ください。
内容は変更していません。

記事の続きがあります


↓ ランキングに参加しています! ポチッとご声援よろしくお願いいたします。

人気ブログランキング(離婚)にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居FC2ブログランキング(離婚)ブログ王(離婚)



プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
ムームードメイン
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp