忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7.
弁護士の報酬(費用)については、弁護士会で一律の基準が定められていましたが、2004年4月1日からは各弁護士が自由に定めることとなっています。

依頼する方としてはとても気になるところですが、オープン価格では心配です。

日本弁護士連合会が、一般的な事件を受任した場合の弁護士報酬(費用)について弁護士にアンケートをしたものがまとめられていますので参考にしてみてください。

www.nichibenren.or.jp/ja/attorneys_fee/data/meyasu.pdf


このアンケートによると、離婚調停の着手金は20万円から30万円、報酬は30万円くらいが相場のようです。

調停から継続して離婚訴訟へ行く場合は、追加の着手金として10万円くらいかかるみたいですが、無料の場合もあります。

訴訟から依頼する場合は、着手金30万円、報酬30万円で、調停と同じくらいかやや高くなる傾向があります。

弁護士によっても違いますし、事件の内容や労力等で違ってきますので、弁護士に相談することが重要です。


PR
離婚調停を始めたころは、元妻のいい加減な言動に私はいつもいらいらしていました。

その上、調停委員の態度や裁判所の決定など納得できないことばかりでした。

婚姻費用なんてその最たるものだったですね。

次の調停期日のことが気になって気になって……。でも時間は全然進みません。悪循環になっていました。


でも、いつしかどうでもよくなって(いい方向に!)、なるようになるだろうと気持ちになっていきました。

相手のことや納得いかないことにいつまでも縛られていると精神的に良くないのは自分でもわかっていましたが、時間が経つにつれて頭だけでなくようやく心でも納得できるようになったのです。

長いこと離婚問題に携わっていると、必ず「悟りを開く」ときがきます(笑)

悟りを開けば、安らかで健康的な生活も送れるようなりますし、離婚までの時間は早く過ぎるように思います。


そういう意味では、気分転換をしてあまり離婚問題について考えないようにすることは大事なことです。

ちなみに私は、映画(DVDを借りてです)を観たり、バイクで走ったりしています。

離婚には必ずゴールがありますよ!
 

2回目の財産分与請求調停が終わりました。

結果はというと、……進展なしです。というか後退した感じ。

元妻は欠席だったうえに、資料の提出もしてきません。

前回伝えたこちら側の条件や提案への回答もありません。


代理人は来ていましたが、ただ来ただけという感じです。

裁判官や調停委員が求めていたものを何一つ出すことができないのですから、いても役に立ちません。

向こうの言い分は、

「体調が悪く8月下旬までは調停に出ることはできない。次回は必ず資料を提出する」

とのことです。

信用できませんね。

次は必ずと言って、約束を守った試しがありません。

私は仕事を休んでまで調停に出てきているのに!


これではたまりませんので、もう調停は打ち切りたいと調停委員に伝えました。

しかし、次に必ず資料を出すということで、もう1度期日を入れると裁判官から言われました。

裁判所は手続きがあるから仕方ないんでしょうね。

調停を続けて話し合いができるかどうかは、今回のドタキャンでよくわかると思いますが。

数週間前の裁判で体調を崩したのなら、私なら前もって調停の日時を変更してもらいますけどね。

次回は9月です。


共有物分割訴訟の期日でしたが、元妻が体調不良のためキャンセルするとのことでした。

毎度のことながら、いい加減にしてほしいですね。

裁判所に来られないのはかまわないのですが、こちらが要望した資料ぐらいは提出してほしいですね。

来月に延期されました。



 

今月は第2回目の財産分与請求調停です。

自分の財産をあらためて調べてみると、不動産、貯金、車や家財道具以外にも財産と呼べるものがあるのがわかりました。
財産というのは、結婚してから夫婦で築いたものすべてですから、例えば、生命保険金、借金、職業上の資格、退職金、年金、営業用の財産などというものも含まれます。実質的に二人の財産であれば名義は関係ありません。
私の場合は、生命保険金と借金といったところでしょうか。
借金は個人的なものではなく夫婦として生じたものだそうですが、住宅ローンは財産ととらえていいのでしょう。負の財産ということですが。

この住宅ローンの扱いが一番問題です……。
 

プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
プロのようなホームページ作成「グーペ」
GMOインターネット株式会社【Z.com】
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp