忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15.
天気も良く心穏やかに過ごせた1日でした。

ブログも復活したことですし、いい機会なので自分の記憶をたどってこの半年で進展したことをまとめてみました。
ついでに、自分の気持ちもかんたんに付け加えて。


離婚訴訟‐高裁で和解の場が設けられ、2回ほど話し合いをしましたが不成立
判決が今年中に出る予定

(ようやくという感じ。これが解決しないことには何も始まらない)

刑事告訴‐何もなし

(忘れてるんじゃ……。離婚判決待ちになっているとのことですが)

賃金訴訟‐本人尋問が終わって判決待ち

(尋問の手ごたえはありましたが、私名義の借金であることがネック)


という具合です。
けっこう忘れてるなあなんて思いつつ、じっくり思い返してみてもこのくらいですね。
半年って時間は日常では長いですが、裁判をやっていると進展がそれほどないような時間なんだとあらためて実感。

[格言]
裁判のことは忘れていよう!
(がむしゃらにやっても裁判が早く進むわけではない。期日に間に合うよう書面を作り、弁護士としっかりと打ち合わせをすればよい。日常は裁判のことを忘れ心穏やかに過ごすべし)

PR
このブログを応援していただいている皆様。たいへんご心配をおかけしました。
かれこれ半年以上ですね……。すいませんでした

離婚訴訟はまだ継続中です。我ながら長いと思います……。
高裁での判決の目途はたっていますので、その日をいまかいまかと待っている状況です。

自分では強いと思っていたのですが、人間というのは弱いものですね。
半年前、裁判のことを考えたりすると動悸や呼吸が苦しくなるような症状が頻繁にありました。
心療内科に行ったところパニック発作という診断を受けました。
先生がいうにはストレスが原因だということです。

ストレスをなくすのが特効薬とはいえ、裁判からは逃げることはできません。
この半年の間にも今までと同じように弁護士と打ち合わせをして書面を作ったり、尋問に行ったりしなくていけませんでした。
仕事もしなければなりません。
自宅で休むことが唯一のストレス解消でした。

ブログから離れることで、裁判のストレスを減らそうと思ったのです。現実逃避ですね。
今は、判決まであと少しというところなのでだいぶ良くなったのですが、当時は何も考えないで生活することが必要でした。

体調が良くなってきた今、もう一度このブログを復活させて同じような悩みを持っている人の参考になればという想いが強くなってきました。
私のような経験をしている人はまずいないと思います。
今まで伝えてこられなかったことや、この半年に起きた事などをどんどん書いていきたいと思っています。

コメントをいただいた方には回答もできず申し訳ありませんでした。励ましの声はとても嬉しかったです。これからも応援よろしくお願いいたします。

裁判官の忌避という制度があることを最近知りました。

民事訴訟法第24条では、裁判官について裁判の公正を妨げるべき事情があるとき、当事者がその裁判官を忌避することができることになっています。
「裁判の公正を妨げるべき事情」とは、裁判官がその担当する事件の当事者と特別な関係にあるとか、訴訟手続外においてすでに事件につき一定の判断を形成しているとかというものです。

この制度があるのを知ったとき、私も家裁の裁判官を忌避すればよかったと思いましたが、理由がないからたぶんだめだったでしょうね。
「病弱で裁判が進まないから」というのじゃ……。

しばらく更新を怠っていました……申し訳ありません。

3月は決算期なので、あわただしい毎日を送っています。
離婚なんかでプライベートがだめな分、仕事で頑張ろうなんて思ってやってますけどうまくいかないもんですね。

裁判所も離婚判決の決算セール(?)ぐらいやってほしいものです。

「修羅場をくぐり抜けてきた人間は強い」なんてよく言いますが、確かにそうですね。
これは精神の超回復現象だと私は思っています。

自分も以前に比べればちょっとしたことでは動じなくなりました。
繰り返し、繰り返しトレーニング(嫌がらせとかストレスとも言いますが……)を受けて精神的な超回復をしたからじゃないかと!

離婚は辛いことですが、その修羅場を乗り越えればきっと今までとは違う人間になれると思います。
だから、離婚で悩んでもあきらめないでもらいたいですね。最後まで信念を貫くというのは自分にも言い聞かせています。
人生は山あり谷ありなんだなあとつくづく思います。

「超回復」
筋力トレーニングを行うと、一時的に疲労で重い重量が上げられなくなったり、筋肉痛なども起こったりします。
しかし、数日休養をとることで、前回よりも重い重量が持ち上がるようなったり、反復回数が増えたりすることがあります。このような現象を「超回復」といいます。
この「超回復」は筋力トレーニングで重要なポイントです。

プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/30 taka]
[02/10 Masa]
[08/15 nose]
[11/06 AN]
[05/29 NONAME]
[04/07 NONAME]
[07/02 ペンギン]
[06/26 れいれい]
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
プロのようなホームページ作成「グーペ」
GMOインターネット株式会社【Z.com】
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp