忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
1. 2. 3.
調停は交互に呼ばれて調停委員と話をするので、自分の持ち時間は正味1時間もありません。私の経験だと、お互い2回ぐらい話をして1回の調停は終わりというパターンが多かったです。

自分の持ち時間は1クウォーター20分、合計40分くらい。中には妻が欠席したり、約束していた資料を持ってこなかったりして調停委員と数分話して終わることもありました。
必要な資料(例えば、生活費を決めるのにお互いの収入状況とかの資料)がなければ話し合いにならないので、こういう場合は次回の調停日を決めるだけになり ます。会社休んで行ったのに…なんてことはけっこうありますよ。スポーツなら相手の反則負けですが、調停だと試合延期にしてくれるからいいですよね。

調停はだいたい1ヶ月から2ヶ月に1度ぐらいなので、また延びたなんてがっかりします。特に弁護士を入れていると、調停委員の都合、弁護士の都合、自分の都合と合計6人の都合が合わないといけないので最悪です。調停には忍耐力が必要です。
調停はサボっても遅刻してもそんなに不利になるわけじゃないです(実際はどうかわかりませんが、私が受けた感じとして)。

よく調停委員の心証が悪くなるとか言いますが、調停委員もどちらかに肩入れをすることはないのであまり関係ないと思います。だって、こいつむかつくから もっと悪い条件にしてやろうとかっていうのはプロならありえません。提出した資料とお互いの話を基本的には信用して判断するのが調停委員の仕事です。それ も事務的に決めるのが。調停はお互いの合意がなければ不利な条件も受け入れないで済むわけですからね。

結局、相手によるんですね。嘘をついたり、決められたことを守らないなんていうのが相手だと話し合いが平行線のままずっと調停です。私の場合もこんな感じですが、もう少し上手く話し合いができているともっと有意義な調停になるのだと思います。

次回は待合室(正式名は忘れました)の話
PR
調停は担当が2名(男性1名、女性1名)つきます。私の担当はきつい感じのおばさんと柔和そうなおじさんでした。二人とも60代ぐらいで、おじさんの方が 少し歳がいってるかなという程度です。おばさんの服装はけっこう派手です。かなり気合を入れてる感じです。周りを見ても、調停委員はだいたい60代ぐらい の人が多いのではないかと思います。調停のことをあまり知らない頃は、男性委員が夫側で女性委員が妻側の味方かななんて思ったりしましたけど、そうでもな いです。私もおじさんを頼りにしようとしましたが、まったくだめで今はおばさん委員が心のよりどころです。

ろくな調停委員がいないという話も聞きますが、たぶん年齢的なギャップが大きいのでしょう。地位もあってしっかりした生活をしている調停委員には古い考え がある人が多いです。私の場合、おじさん委員が特にその傾向が強くて「子供を作ればいい家庭ができるよ。」などと、どうしても別れたいと言っている私に対 してまったくピントはずれなことを言ってきます。

こんな感じなので、初めのころはいらいらしました。よく考えれば、調停というのはお互いの主張を聞いて妥協点を見つけるのが目的なので、いらいらしても仕 方ないのかなと今は思います。相手の主張が自分とまったくかけ離れている場合は、調停なんて何回やっても絶対無理です。妥協するポイントがないですから ね。私の場合もあまりにお互いの意見がかけ離れていたため、3回で離婚調停は不成立になりました。婚姻費用分担の調停はいまだに続いています。
先日の調停期日通知書はうまくアップできなくてすみません。再度掲載しましたので興味ある方見てください。

離婚調停当日です。
私はもう何日も前から自分でまとめた資料(特に離婚したい理由なんかですね)を復習してましたが、それでも不安は消えないです。「こんなことを聞かれたら こういうふうに答えよう」なんて自分で調停シミュレーションを繰り返しましたね。家を出るときから調停が始まるまで(もちろん待合室でも)ずっとやってま した。今思えば、そこまでしなくてもよかったかな。電車や歩いていてもシミュレーションです。よく事故らなかったな。…なんてやってるうちに裁判所に着き ました。

「自宅から裁判所まで」
初めてのことなので、やっぱりどきどきしますね。何を着ていけばいいのか迷うと思いますが、普通のかっこでいいのではないでしょうか。あまり奇抜なものでなければ大丈夫です。私はというと結局スーツで行きました。仕事でスーツを着ている人なら無難な選択です。
必要なものは資料と調停期日通知書ぐらいですね。印鑑を持参しろって通知書には書いてありましたが私は使いませんでした。調停期日通知書だけ持っていって もいいくらいですね。調停室の前で受付があるので、調停期日通知書を見せればOKです。受付の人もわかりますからね。受付の人は若い男性でしたが、いたっ て事務的でした。
受付が終われば、少し奥にある待合室に移動します。待合室は申立人と相手方の二部屋があるからお互いが一緒になることはありません。偶然受付で会っちゃう なんて事もあるかもしれませんが、私は一度もないです。まあ、私の場合は妻が遅刻してきたり、来なかったりの繰り返しだったからというのもありますけど。 私の行く裁判所は4階で調停を行っていますが、私は絶対エレベーターで行かないようにしてました。受付でばったりよりエレベーター内での気まずい時間の方 が嫌ですからね。帰りは、終わる時間がお互いずれているので待ち伏せされない限り会うことはないでしょう。

私は素人なので法律の話はできません。ですが、経験者としてのアドバイスや簡単な心構えなんかは伝えられます。こういうことに慣れている弁護士には気づかないことでも、素人には気になることって多いですからね。
やっぱり調停とか裁判なんて誰だってやりたくないです。でも乗り越えなくちゃいけないから頑張ってやるわけだし、努力していい結果がでればと思ってるわけ ですよね。そのためにも情報収集は絶対必要です。私もそうでしたが、経験者のアドバイスは実体験の分だけ役に立ちます。本だけでなく、経験者の話を聞くこ とで好転することもあるかもしれません。私もこれからもどんどんアドバイスを受けたいですし、アドバイスしていきたいと思ってます。よろしくお願いしま す。

まだまだ続きます。
久しぶりの更新です…すいません。

今日は、調停への第1歩である調停期日通知書を紹介します。ちょっと画像が悪いのですが…。

この調停期日通知書は調停を申し立てられた方(相手方)が受け取るものです。だから、中にはいきなり裁判所から手紙が来ていることに驚かれる人もいるかもしれません。
私の場合は離婚調停を申し立てようと準備してたところに、妻から婚姻費用分担調停が申し立てられました。だいたい予想はしてたのであまり驚きませんでした けど。良かったのは調停の日が休みだったことですね。まだ夫婦で揉めていることを知っているのは上司数人だった頃なので、ほっとしたのを覚えています。調 停で仕事を休むのはあんまりいい感じではないですもんね。こういうとこでも仕事をしていない人は有利だなって思います。暇だと嫌がらせだっていつでもでき ますもん。

離婚調停というのは文字通り離婚のための調停です。婚姻費用分担調停はおおざっぱに言えば生活費を話し合いで決めるということです。つまり離婚するまでの 生活費です。しない場合はずっとですかね… 私たちの場合は、離婚調停と婚姻費用分担調停という二つの事件を同時にしていくことになりました。二つといっ ても二人の離婚のことがベースにあるので分けて考える必要はないということでした。

ともかく、私の調停はこの通知書を受け取ってスタートしました。今思えば、この頃はまだよかった
プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/30 taka]
[02/10 Masa]
[08/15 nose]
[11/06 AN]
[05/29 NONAME]
[04/07 NONAME]
[07/02 ペンギン]
[06/26 れいれい]
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
プロのようなホームページ作成「グーペ」
GMOインターネット株式会社【Z.com】
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp