忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
1. 2. 3.
前回お話したとおり、調停の申し立てをしました。
調停は何の役にも立たなかった離婚調停以来です。時間の無駄という気もしないわけではありませんが、手続きには順番があるようで・・・・・・。
同時に申し立てている保全処分が早く出てくれればいいので、調停にはまったく期待していないのが正直な気持ちです。

調停の内容は私が自宅に戻れるようにということと、戻れないのなら現在私が住んでいるところの家賃分は妻への生活費から引いてもらおうというものです。
自宅が空き家である現在、私が戻るというのは普通に考えたら当然のような気もしますが、妻がどういう反論をしてくるのか見ものですね。
反論があればいい方で、今までは無視か話のすり替えがだいたいのパターンでしたからね。調停では上手くいっても、裁判や保全処分ではそうはいかないでしょう。

今月中に何か進展があればいいんですけど!
PR
何か変ですが、自宅に入居するための調停をすることになりました。
自分の家なのに、それも空き家(妻は実家に帰ったことになっていますが、たぶん嘘でしょう)なのに何でこんなことやらなくちゃいけないのかなと思いますが、仕方ないですね・・・・・・。自分の家賃を払うのですら精一杯ですから。

ただそれだけではなく、同時に保全処分の申し立てもするそうです。調停だけでは、離婚調停のときみたいにまた1年以上もかかってしまいますからね。保全処分というのは緊急性を有する件について早期の決定をもらうという手続きということらしいです。
妻は何も言えないでしょうから、たぶん保全処分で自宅に戻ることはできると思いますが、あんまり期待しない方がいいかもしれないですね。
なにせここ数年間何一ついい結果がない!
調停だけでも休みにやってくれると助かるんですけどね。平日でも夜中までやるとか。便利でしょうね。
調停委員の勤務日や時間をずらせばいいんだから、できそうなんだけどなあ。
離婚が増えていくのは目に見えてるんだから、裁判所はこういうサービスも考えても良さそうだけど・・・。
話し合いをする人数は3人か4人です。私の場合は調停委員2人、私と弁護士の4人が多いです。場合によって(調停不成立のときなど)は裁判官や調査官等の 出席もあります。こういうときは相手も同席するので8人ぐらいの大人数になるときもあります。見たくない顔もありますが、じっと我慢です。

調停室は待合室ぐらいで、大きさとしては普通だと思います。窓があるから圧迫感はありません。警察の取調室じゃないから当たり前ですが・・・。部屋の真ん 中に大きめのテーブルがあって、テーブルをはさんで調停委員と向かい合って座ります。調停委員は向かって右がおばさん、左がおじさんのポジションです。だ いたい調停室も同じなので、調停委員専用の部屋が決まってると思います。

ちなみにノートやペンはほとんど使いません。次の予定や準備するもの等をメモるのに必要になるくらいです。自分が話すときは当然書けないし、調停委員の話 を聞くときもどう回答するかで頭がいっぱいなので無理です(私の場合)。使うならボイスレコーダーですね。それか退室してすぐにメモれば大丈夫です。

それでも調停室には筆記具は持って行きましょう。やる気をアピールするには必要です!
調停室に入る前に待機している場所が待合室です。待合室は申立人と相手方とそれぞれ別になっているので、二人が顔を合わせることはありません。

私がお世話になっている裁判所の待合室は、3人掛けの長いすが5つ置かれています。たいていは2,3人が待機しています。一人で待っている人、家族や知人 と一緒にいる人などさまざまです。特に弁護士と二人で来ている場合は、ひそひそとリアルな相談をしていることが多いので耳がダンボ状態になります。他人の ことは興味本位となってしまうんですね…。できれば待合室も個室にしてほしいところです。それが難しいのなら、せめてブースぐらいにしてプライバシーに配 慮することが必要だと思います。調停での駆け引きがあるので込み入った話をするときもあります。そんなときに周りに人がいっぱいいると話しにくいですから ね。

前回話したように、待ち時間はけっこう長いので本を持っていくとかしないと退屈ですね。調停シミュレーションをしてもいいのですが、あまり役立たないかも…疲れますしね。
赤ちゃんが寝ているのを見たことはないですが、ベビーベッドもあります。待合室は4階で大きな窓もあっていい景色です。遠くを見たりして心を落ち着かせるには丁度いいですよ。

待合室に「○○さん」と呼びに来る人は担当の調停委員です。私の場合は必ずおばさん委員が呼びにきます。おじさん委員が私を呼びに来たことはありません。 私はいつも相手方(生活費の件で妻から先に申し立てられたので)の待合室にいますが、呼びに来る他の調停委員も見ても必ず女性です。
おそらく案内をするのは女性委員の役割なのでしょう。女性だけが案内をするということからしても考え方が古いんだろうということが推測できます。こういう裁判所の考え方では今の時代にあった調停なんて難しいと思いますが…。
プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/30 taka]
[02/10 Masa]
[08/15 nose]
[11/06 AN]
[05/29 NONAME]
[04/07 NONAME]
[07/02 ペンギン]
[06/26 れいれい]
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
プロのようなホームページ作成「グーペ」
GMOインターネット株式会社【Z.com】
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp