忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
220. 222. 223. 224. 225. 226. 227. 228. 229. 230. 232.
調停は担当が2名(男性1名、女性1名)つきます。私の担当はきつい感じのおばさんと柔和そうなおじさんでした。二人とも60代ぐらいで、おじさんの方が 少し歳がいってるかなという程度です。おばさんの服装はけっこう派手です。かなり気合を入れてる感じです。周りを見ても、調停委員はだいたい60代ぐらい の人が多いのではないかと思います。調停のことをあまり知らない頃は、男性委員が夫側で女性委員が妻側の味方かななんて思ったりしましたけど、そうでもな いです。私もおじさんを頼りにしようとしましたが、まったくだめで今はおばさん委員が心のよりどころです。

ろくな調停委員がいないという話も聞きますが、たぶん年齢的なギャップが大きいのでしょう。地位もあってしっかりした生活をしている調停委員には古い考え がある人が多いです。私の場合、おじさん委員が特にその傾向が強くて「子供を作ればいい家庭ができるよ。」などと、どうしても別れたいと言っている私に対 してまったくピントはずれなことを言ってきます。

こんな感じなので、初めのころはいらいらしました。よく考えれば、調停というのはお互いの主張を聞いて妥協点を見つけるのが目的なので、いらいらしても仕 方ないのかなと今は思います。相手の主張が自分とまったくかけ離れている場合は、調停なんて何回やっても絶対無理です。妥協するポイントがないですから ね。私の場合もあまりにお互いの意見がかけ離れていたため、3回で離婚調停は不成立になりました。婚姻費用分担の調停はいまだに続いています。
PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
ムームードメイン
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp