忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7.
離婚判決書を先日確認しました。

離婚は間違いありませんでしたが、慰謝料は一審の判決より100万円ほど上がってしまいました。
「高裁は、判決の内容が乏しい一審の判決をあまり参考にしないと思うよ」と弁護士が言っていましたが、残念ながらその通りになってしまいました。

高裁での判決は私の家庭内暴力が認定されていて、そのために慰謝料が大幅にふえてしまいました。
相手が無収入であることなども慰謝料増に影響しているようです。


家庭内暴力についてはまったく身に覚えがありません。
まったくのでっち上げですが、裁判所は妻の言い分を認めてしまいました。
はらわたが煮えくり返る思いですが、離婚ができるというだけで何とか気持ちの整理がつきました。

離婚調停をしているときから
「離婚はしたくない」
と妻は一貫した主張をしてきました。

私が慰謝料や財産分与の条件などを出して妥協点をみつけようとしても調停では話し合いがつかず、どうしようもなくなって私の方からて離婚裁判をおこしたのです。
別居にしてもやむなく私から出て行ったという経緯があります。

このような状況で、どうして私の家庭内暴力が認められてしまうのかとても疑問です。
夫からひどい暴力を受けていたのに、夫と別れたくないというのはとてつもなく矛盾しています。
暴力を受けていたのであれば逃げ出すのが普通でしょう。
妻の場合、実家や兄弟の住まいも近いので逃げ場はたくさんあるはずですし……。

夫を暴力で非難するのであれば、「暴力夫から別れたいので慰謝料がほしい」というのが自然な流れですけどね。

離婚をしたくないといって控訴して裁判を引き延ばし私を苦しめようとする一方、私をDV男に仕立て上げ多くの慰謝料をとってやろうという魂胆は見え見えです。


裁判所は証拠だけで判断しているのでしょうが、もう少し妻の性格を知ってもらいたかったですね。
高裁では本人尋問がなかったことも関係しているのかもしれません。
人が人を裁く限界なのでしょう。

PR
勝訴!!


待ちに待った離婚裁判の判決が出ました。
判決は離婚を認めるというものです。

やっぱりうれしいですね
離婚は間違いないと思っていましたが、判決が出るまでは不安でしたから。
まだやらなくてはいけないことが山積みですが、この離婚判決で気持ちの区切りがつきます。

残念なことに、慰謝料は1審より数十万円多くなってしまいました。
その点に関しては悔しいですが……離婚できればそんなの関係ねぇ~という気持ちのほうが強いです。
判決書を見ていませんので、どうして慰謝料が増えたのかはよくわかりませんが……


いいんです!!

離婚判決がでたということで私にとっては勝訴なのです!


まだ最高裁に上告することもできるので離婚は決定していませんが、上告してもまず門前払いだろうという話です。
それでも今までの経過や妻の性格からして、相手側はおそらく上告してくるでしょう。
何としてでも離婚を遅らせて私を苦しめたいのです。

でも、高裁の判決で間違いないという状況ですから、私にとっては何の苦でもありません。
お金をかけてまで上告してくる妻が滑稽に思えるくらいです。

離婚判決は、いいクリスマスプレゼントになりました。
来年もまだまだ闘っていかなくてはなりませんので、気を引き締めてやっていきます。

相手側から、和解に向けて私の方から慰謝料を払うことができるか探りがあったことは前回のとおりです。
悩むまでもなく「断固拒否」!弁護士も賛成してくれました。
判決まではあと少しですし、高裁では一度和解案で時間稼ぎをされているほどですから相手の提案は信用できません。
私には何のメリットもないこの和解の提案は断りました。

弁護士の話によると、相手側の提案は慰謝料300万円で全面解決というものだったそうです。
やはり判決で予想される慰謝料より多い金額での提示でした。
全面解決といっても相手にとっては都合のいい話ばかりで、自宅は妻のもの住宅ローンは私が支払うという常識とはかけ離れた内容です。

何年も離婚調停や離婚裁判を続けてきましたが、自分の主張だけをして相手のことはこれっぽっちも考えないというスタンスはいつまでも不滅ですね。
自分の主張を繰り返すだけの相手には、調停や和解といったものは意味がないものです。
こちらは淡い期待をしながら話し合いをしますが、相手は絶対歩み寄ってこないですから無駄な時間となってしまいます。

人間の性格は簡単には変わるものではありません!

離婚訴訟の判決まであと2週間ほどです。
待ちに待った判決なんですが、今はまったくドキドキ感がありません。
あまりに長期間裁判をやっているので変に馴れてしまったのかもしれませんね。

このような時期にS弁護士から連絡がありました。


「hirasugaさん、相手が和解を持ちかけてきたんだけど、どうする?」(S弁護士)

「???」(私)

「借金のことや財産も含めてすべて解決するという条件で、hirasugaさんが慰謝料を払うえるかということなんだけど」(S弁護士)

「判決がもう出るのにどうしてですか?」(私)

「相手も判決の慰謝料が気になっているんだろうね。思ったよりも少ないと困るということなのかな」(S弁護士)

「この前の和解では話にならなかったじゃないですか」(私)

「自宅のことも気になっているんじゃないかな」(S弁護士)

「私は慰謝料を払って、しかも自宅は妻にあげるということですか」(私)

「そういうことになるかな。この前の借金は清算されるけどね」(S弁護士)

「判決を待ちます!!」(私)

「そうだね。慰謝料は慰謝料ですっきりしてから、自宅の持分を主張するということでいいんじゃないかな。この前、自宅の評価も思ったり良かったからね。住宅ローンが残っていてもそれは自分の財産のためだしね」(S弁護士)

「お願いします」(私)


高裁が始まったばかりなら、月々支払っている生活費なんかも考えて話し合うこともあったかもしれませんが、このような時期ですので私にとっては何のメリットもありません。
すでに一回和解は決裂していますからね。
また得意の時間稼ぎなのかなという気もします。
ともかく、判決ですっきりと決めてもらいたい気持ちです。

天気も良く心穏やかに過ごせた1日でした。

ブログも復活したことですし、いい機会なので自分の記憶をたどってこの半年で進展したことをまとめてみました。
ついでに、自分の気持ちもかんたんに付け加えて。


離婚訴訟‐高裁で和解の場が設けられ、2回ほど話し合いをしましたが不成立
判決が今年中に出る予定

(ようやくという感じ。これが解決しないことには何も始まらない)

刑事告訴‐何もなし

(忘れてるんじゃ……。離婚判決待ちになっているとのことですが)

賃金訴訟‐本人尋問が終わって判決待ち

(尋問の手ごたえはありましたが、私名義の借金であることがネック)


という具合です。
けっこう忘れてるなあなんて思いつつ、じっくり思い返してみてもこのくらいですね。
半年って時間は日常では長いですが、裁判をやっていると進展がそれほどないような時間なんだとあらためて実感。

[格言]
裁判のことは忘れていよう!
(がむしゃらにやっても裁判が早く進むわけではない。期日に間に合うよう書面を作り、弁護士としっかりと打ち合わせをすればよい。日常は裁判のことを忘れ心穏やかに過ごすべし)

プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[04/30 taka]
[02/10 Masa]
[08/15 nose]
[11/06 AN]
[05/29 NONAME]
[04/07 NONAME]
[07/02 ペンギン]
[06/26 れいれい]
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
プロのようなホームページ作成「グーペ」
GMOインターネット株式会社【Z.com】
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp