忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7.

先日、「裁判員候補者」に選ばれたとの通知が知人に届きました。
知人は、私が裁判に詳しい人間だと思いっきり勘違いしているのか、いろいろと疑問点を尋ねてきました。
わかっている範囲で教えてあげましたが、私も理解していなかった所が多かったですね。
私も知人と同様に、候補者になる可能性なんかこれっぽっちも考えていませんでしたからね。
裁判員に選ばれたらこれは戸惑うなというのが実感できました。

名簿の記載はくじ引きで決めるそうですが、私も候補者になる可能性があったのでしょうね。
私の離婚裁判は終わっているからいいものの、現に裁判中の人も候補者になるのでしょうか?
公平に選ぶといっているのですから、そういうのもありなんでしょうね。
自分の裁判をやりながら、裁判員として参加するっていうのも変なものですね。
おそらく、名簿に載ってもどこかではずされて裁判員として参加することはないと思いますが。

裁判員制度は一定の刑事事件だけですが、いずれ民事事件にも導入してもらいたいですね。
長く離婚裁判をやってきた者からすれば、特に離婚裁判に裁判員制度を導入してもらいたいものです。
事件数が多すぎるとか法の問題とかさまざまな弊害はあると思いますが、離婚できるかできないかという内容については一般人の常識的な判断が妥当だと考えます。
判決は法に従って出さなくてはいけないことは重々承知していますが、判決内容をみると裁判官の常識を疑うようなところが多いのも事実です。
私からしてみれば、判決文をいろいろこねくり回さなくてもいいので普通の判決さえしてくれればいいのです。

欧米のように訴訟社会になっていくのは必然の流れである今、プロの裁判官は刑事事件に集中してもらうのがいいかななんて素人考えをしたりもしています。
始まったばかりの裁判員制度については、いろいろと議論してより良くしてもらいたいものです。

 

PR
上告されて3ヶ月が過ぎようとしています。
 最高裁からはまだ何の音沙汰もありません……。
 離婚のような個人的なことは即棄却してほしいものですね。憲法違反なんてありえませんし。
 最高裁は日本で一つしかないのですから、くだらない上告は認めるべきではないと思います。

 今日のニュースで離婚後300日問題が取り上げられていました(以下に掲載)が、中には離婚手続きが長引いている間に、他の男性と同棲し妊娠してしまったケースもあるそうです。
 一方がどうしても離婚したいというケースでは、どう考えても結婚生活が継続できるとは思えません。
 裁判までいってしまうような夫婦は、婚姻関係の修復は不可能でしょう。
数年間も離婚裁判をやっていればこういう問題も出てくるのは必然です。
 いろんな影響があることを裁判所にはわかってもらいたいものです。

 
「離婚後300日規定で無戸籍の女性、出産へ 出生届、不受理の恐れ」

離婚後300日規定により親の出生届が受理されずに無戸籍となった兵庫県内の女性(27)が妊娠し、6月中旬に出産する予定であることが分かった。

戸籍法は、出生届に母親の本籍地記載を義務付けている。
地元自治体も「現状では出生届は受理できない」としており、生まれる子供も女性と同様に無戸籍となる可能性が高い。
無戸籍となった人が出産するケースが明らかになるのは初めて。  

女性の50代の母親は、前夫の暴力などが原因で離婚。
離婚から73日後、後に再婚した男性との間に女性を産んだ。
母親は、規定を覆す手続きの複雑さや、前夫に居所を知られたくない事情から、前夫を巻き込んだ裁判をすることが難しい状態だった。
このため女性は無戸籍となり、小学校には4年間しか行けなかった。
医療サービスも受けられず、投票もできなかった。

女性は昨年夏、小中学校の同級生の夫(27)と結婚式を挙げたが、戸籍がないため婚姻届を出すことができず、事実婚の状態。
昨年秋に妊娠が分かり、順調なら6月中旬に出産する。
不安に思った女性は今月、地元自治体に相談したが、「母親の戸籍がなければ、子供の出生届は受理できない」との対応だった。
女性は「子供にまで自分がした苦労はさせたくない」と話している。

法務省民事局は「無戸籍となった人が出産する例は今まで聞いたことがない。
どうすべきか今後検討したい」と話している。

毎日新聞 2008年5月20日 東京朝刊

大垣共立銀行はいろいろな話題を提供している金融機関ですが、離婚に関わる費用について無担保で融資をするサービスをしてるそうです。

「離婚……、別れ……。何らかの理由でこのライフイベントを経験しなければならない方へ。」
というキャッチコピーで以前に話題になっていた、いわゆる離婚専用ローンを取り扱っています。

離婚専用ローンは、本人や親族の離婚に関するもので、
1. 慰謝料 2. 財産分与資金 3. 裁判費用
などの使いみちの場合に融資をしてくれるそうです。
離婚は裁判をはじめ何かと費用がかかりますから、お金がなく離婚に踏み切れないでいる人には最適です。

裁判で勝訴しても、相手にお金がなければ慰謝料をもらうことは難しい場合があります。
まったくもらえないよりはましかと、もらえる側が妥協して慰謝料を安くしてあげるような和解のケースもよくあるそうです。

この離婚専用ローンが一般的になってくると、お金がない相手でも「ローンを組んで慰謝料を払え」となってくるかとも思いましたが、借金の強制はできませんから現実的ではないでしょうね。
逆に、こんな相手には慰謝料を多めに払ってでも早く離婚したいという私のようなケースには使えるローンですね。

あと少し資金に余裕があれば、選択肢が増えるという方は検討してもいいかもしれません。

Windows Vista(ビスタ)も出たことだし……パソコン欲しいなあ~でもそんな金ないし……なんてカタログを見ながら、ふと感じたことを。

フラグシップモデル(ハイエンド機などともいいますが、ようは1番いいやつ)はやっぱり高いですね。機能的にはすばらしいですが、けっしてお買い得じゃないですよね。
どちらかというとメーカーの宣伝用みたいなところがありますから私は手を出しません。といいますか出ません!
お買い得なのは機能的には上から2番目とか、金額的には下から2番目辺りなのかもしれませんね。
私が買うのは、下から2,3番目辺りが多いですね。型落ちとか。
一番安いのはある意味客寄せパンダ的なところがありますから私は買いません。買ったら買ったで不満もでるでしょうし、いろいろ買い足したりすると損しちゃいますから。

せこい私とは反対に、フラグシップモデル専門だったのが妻です。
パソコン、車、冷蔵庫や電子レンジなどの家電、洋服も家もそうですね。使いこなせるわけもないのに、何でもかんでもグレードが高いものを欲しがりました。
フラグシップじゃないのは、私の物ぐらいなもんで……。

こういうところからも見栄っ張りな性格がわかります。
どうせ買うならいいやつを!っていうのは誰だって同じでしょうけど、ふところと相談すると無難なところに落ち着くのが普通です。
妻はそれができない性格で、見栄っ張りから浪費というお決まり(?)コースをたどりました。

妻は、慰謝料もフラグシップモデルをねらってるのでしょうか!?
私は一般人なんですけどね……。

柳沢厚労相の「産む機械」問題は、野党やマスコミが言葉尻だけを取り上げて攻撃しているだけという印象しかありません。
言葉狩りだという野次も出てましたね。

発言を全体ではなく一部分だけを取り上げているのもおかしな感じがします。
野党は自らの利益のため、マスコミは視聴率を稼ぐためにこの発言を大きく取り上げているとしか思えません。
もう少し、国民のためになる議論をしてもらいたいものです。

一部分だけを取り上げて事実を捻じ曲げたり、言葉尻を取り上げて攻撃するというやり方は私の妻も同じですね。
答弁書や陳述書をこちらが出せば、私の主張に証拠を出して反論するのではなく、単なる勘違い、誤字や日付の間違いなどどうでもいいこと(妻にとっては重要なのかもしれません……)に異常な情熱で攻撃してきます。
肝心なことは無視なんですけどね。

こういう陰険でくだらない攻撃は自分の身を滅ぼすことになる事を知ってもらいたいものです。

プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
プロのようなホームページ作成「グーペ」
GMOインターネット株式会社【Z.com】
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp