忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23.
柳沢厚労相の「産む機械」問題は、野党やマスコミが言葉尻だけを取り上げて攻撃しているだけという印象しかありません。
言葉狩りだという野次も出てましたね。

発言を全体ではなく一部分だけを取り上げているのもおかしな感じがします。
野党は自らの利益のため、マスコミは視聴率を稼ぐためにこの発言を大きく取り上げているとしか思えません。
もう少し、国民のためになる議論をしてもらいたいものです。

一部分だけを取り上げて事実を捻じ曲げたり、言葉尻を取り上げて攻撃するというやり方は私の妻も同じですね。
答弁書や陳述書をこちらが出せば、私の主張に証拠を出して反論するのではなく、単なる勘違い、誤字や日付の間違いなどどうでもいいこと(妻にとっては重要なのかもしれません……)に異常な情熱で攻撃してきます。
肝心なことは無視なんですけどね。

こういう陰険でくだらない攻撃は自分の身を滅ぼすことになる事を知ってもらいたいものです。

PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
同感です
久々にこちらに来たら、この記事と全く同じことを考えていました。
一字一句、自分が書いたかと思いましたよ。笑
終わりがいつか、見えているようで遠く感じますね。
応援しています。
ゲッツ 2008/02/09(Sat)11:58:01 編集
Unknown
ゲッツさん、お久しぶりです。
賛同してもらえてうれしいです!
離婚訴訟でもめている人の多くは同じようなことで憤りを感じていると思います。
こんなことを何年もやっている自分をほめたい気持ちですね。

これからも応援よろしくお願いいたします。
hirasuga URL 2008/02/09(Sat)11:58:37 編集
はじめまして!
約1ヵ月かかって全てを読ませて頂きました。…本当に大変ですね…(泣) 私も現在、離婚調停中ですが、モラハラを証明するのは難しいとのお気持ちは、心底、同じ気持ちです。又、注目するニュース、新聞記事など本当に同じでびっくりしました(笑) 常識を逸した人間を相手に死にそうですが、最近はだからこそ結婚生活が駄目になったんだろうと、逆に悟りつつある私です… 今後も参考にさせていただきます。私もどうにか頑張ります。頑張って下さい!!!!!!
2008/02/09(Sat)11:59:15 編集
Unknown
そうですね
いじめはいけないと言っていて、大公開で大人同士いじめあっていると思います。

そういえば私も陳述書では言葉の攻撃に散々な目に遭いました。
でも仰るとおり、墓穴を掘ったようで非人格者を露わにしただけのようですね。
でも結果からそう思うのですが、攻撃されている時は本当に、つらく屈辱でした。
hirasugaさんの冷静なコメントを見て、もう再三の攻撃にある程度の予想がつくのですね。
がんばって下さいね。
MIO 2008/02/09(Sat)12:00:00 編集
Unknown
hirasugaさん お久しぶりでございます。
もう2月も中旬です。
全然物事が前へ進まないときや、堂々巡りをしている時は月日が流れるのが遅く感じたり、
急に進展したりすると、あっという間にもう2月と感じたり、人間の気持ちも浮き沈みがあると思います。

以前2006年12月11日に初めて投稿させていただきました、森本です。

私は2006年から2007年1月にかけては、
いったい、いつになったら終局を迎えれるのか、
その終局は、私や子供の将来に平穏で不安の少ない
生活が送れるのか、心のどこかで小さなストレス
となって積み重なっていきました。

hirasugaさんの奥様と似ていて、実父と二人三脚で元夫と戦っていました。

hirasugaさんと似ている所は、有責責任者である元夫
が、hirasugaさんの奥様と同じような性格で、調停委員さんの話からすると凄腕弁護士がついていることでしょうか。(憶測です。間違っていたらすいません。)

hirasugaさんと同じく、私には法律的に何も悪いことはしていないので、裁判に元夫が持ち込むまでは、弁護士を付けないで5,6回相談に行く程度でした。

弁護士の方は、本当に冷静すぎるほど他人事の話を聞いているように感じられました。30分の相談だからでしょうか。

こんな感じで弁護士を選ぶのは、大変だなと思いました。弁護士次第という事もありますからね。

本当はhirasugaさんの方が、離婚の判決がのどから手が出るほど、待ち焦がれていらっしゃるのに、私の方が先に離婚判決(調停ですが)となり今日離婚届を出してきました。

hirasugaさんのこのHPが私の心の支えでした。
みんながんばっている。私もくじけすがんばろう。
ひとつひとつがんばろう。なかなかすべての心の内を理解してもらうのも、説明するのもとても難しくひとりぼっちでした。

私が初めてこのHPに投稿したとき、顔も知らない私に、もっと苦しんで悩み続けている皆さんから、どのような意見を頂けるのか、すごく不安でした。

私が会った弁護士や他のHPの相談の様に、さしさわりの無い一般的な意見であったなら、今の私は無いでしょう。

でもここは違いました。

本当にありがとうございました。
これからもhirasugaさんの応援、力不足ではありますがさせてください。

私は離婚しました。でも、まだ心の底から笑えません。調停離婚が決まっても眠れない日が続きます。

離婚という形が、自分の願う結果だったとしても周りの人に心配かたことは、真実です。

予想外の結果なら、どうして自分だけがと人間は平等でないと、本当の真実を伝える方法の難しさを、人間が人間を裁くことを、その回数が決まっている事を、していないのにしていると嘘をつくことを、これらのことが大人社会で日常茶飯事である事も、知ってしまった自分と子供と…悲しさ、虚しさ感じます。

hirasugaさんはこんなに心の広い人なのに…。今年こそ思う結果が出ますように。 三重県から応援します。
森本 2008/02/09(Sat)12:02:27 編集
この本を読んでみて。
パートナーが別居4年半の妻と離婚係争中の者(♀)です。

こちらのブログを読ませていただいて、「些細なことに異常なまでにこだわり物事の進行を遅らせる」「妄想癖」「矛盾した要求を突きつける」「離婚原因は配偶者が120%有責と信じ込み嫌がらせの限りをつくしてくる」等、当方のケースと似ていると感じています。

この本を読んでみてください。
「こころの暴力 夫婦という密室で 支配されないための11章」紀伊國屋書店 、2001年。

こういう性格の人から離婚するには、極限までの嫌がらせに精神的に参ってしまいあなた自身の心が崩壊する可能性が大です。でもそれでも、お金を払っても逃げなければ、あなたはもっと長い間もっと深く傷つくことになるでしょう。

私達も「心の支配者」と戦っています。応援しています。同病相憐れむではありませんが、離婚出来るその日のために、頑張りましょうね。
nanako 2008/02/09(Sat)12:03:21 編集
Unknown
hirasuga→智さん
智さん、こんにちは。

常識を逸した人間と分かれようとしているだけすばらしいと思います。
自分もそうでしたが、世の中にはその1歩がなかなか踏み出せない人もいるのですから……。

これからもお互い頑張りましょう!


hirasuga→MIOさん
MIOさん、こんにちは。

離婚したくない側からの攻撃は「なんでそんなヤツとまだ一緒にいたいの?」と誰しもが感じると思います。言わせておけばいいと思いますよ。
攻撃されているときは辛くて、怒りもありますが、結局は自分で離婚をしたいと主張しているようなものだと受け止めてやっています。

いつもありがとうございます。


hirasuga→森本さん
おめでとうございます。
新たなスタートが切れてよかったですね!

これからのことや周りのことなどいろいろいろと考えることがあると思いますが、森本さんにとっては絶対にいい選択だったと思います。
けっして離婚をいいことだとは思いませんが、自分の将来を考えて決断したのであったのなら離婚は必要なことであったでしょうし、周りの人もわかってくれますよ。

森本さんが離婚できて私も嬉しく思います。
私も離婚できるか不安になることもありますので、森本さんの結果は大いに励みになります。
私のブログが少しなりともお役に立てたことも嬉しいです!!

森本さんのその貴重な体験や考えをまたお聞かせ下さい。
私を含めて離婚で悩んでいる人にはとても参考になるはずです。

本当によかったですね。離婚は単なる結果で、これからが大事なところです。ぜひとも頑張って下さい!

また遊びに来て下さいね。


hirasuga→nanakoさん
nanakoさん、こんにちは。
アドバイスありがとうございます。

同じような人間はどこにでもいるものですね。
私は、将来のことを考えれば嫌がらせなんかたいしたことはないと思ってやっています。
ここで挫けたら相手の思うつぼですし、自分の希望も失われてしまいますから。
絶対に離婚をするという決意だけは変わりません。

とはいうものの私も決して強い人間ではありませんので、苦しいときは同じ境遇の方の意見や体験は大きな支えになります。
ともに頑張っていけたらと思っています。
hirasuga URL 2008/02/09(Sat)12:06:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
ムームードメイン
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp