忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
1. 2. 3. 4.
先日、源泉徴収票をもらいました。
やっぱりというか・・・思いのほかというか・・・現実から目をそむけたいくらい収入が減っていました。
部署が変わったこと(左遷ですね・・・妻の嫌がらせで職場に迷惑かけたので当然ですが)もあって、数年前より100万円以上も下がっていました。
トホホなんてものじゃなく、冗談抜きで、切実に厳しいです。

じゃあ、今度の調停でこの悲惨さを訴えて「もう少し生活費を減額してもらおう!」キャンペーンをやろうと意気込んで、いつも調停委員がパラパラみている「婚姻費用算定表」を調べてみたら・・・・・・

なんと!まったく支払いが変わらないではないですか。6から8万円のラインを完璧にキープしていました。しなくていいのに!

何だよーこんなに収入が減っているのに!最低の表だよなあなんて愚痴しかでてきませんね。

調停委員は基本的にこの表しかみてないから、よっぽどの事情がなければ「この表からするとね、○万円だね」なんて言われるのがおちです。
もう少し事情を考えてもらいたいなあなんて思いつつ、でもそんなことをやっているといつまでたっても進まないし。
わかってはいるんですけどね・・・・・・
PR
妻は私を自宅から追い出した後にも新車を乗り回すなど、別居する前以上の生活をしています。
妻は無職だと主張していますので、お金の出所ははっきりしません。本当に無職かどうかは疑わしいのですが、資料をまったく提出しないので調べようもありません(いちおう妻の課税証明は0なので、無職ということになります)。
考えられるのは、同居していたときの私の収入から作った貯金があるか、親からの援助か、それとも源泉がはっきりしない風俗関係で働いているのか。

それに引き換え私は、多額の住宅ローンや妻への生活費で家賃の支払いにも精一杯の状況です。
生活費の本来の趣旨とは全然違うような気もします。
調停委員や裁判所はお互いの収入を基準として表だけで生活を決めるのではなく、その背景等を十分汲み取って欲しいと思います。
先週、妻から高裁に抗告されていた婚姻費用分担事件の判決がでました。

ショックなことに、家裁の出したものに3万円上乗せになりました。60%という破格の金額です・・・・・・
こっちの生活はまったく考えてくれていない判決で、相当きついです。

ポイントは私の支払っている住宅ローンの扱い方です。
家裁では、私が払っている住宅ローンを妻の生活費(住居費として)の一部として認めてくれていたのですが、高裁は住宅ローンをまったく加味してはくれませんでした。住宅ローンは私の財産形成ということらしいです。

家裁の出した判決を高裁がいじるのは珍しいそうです。作戦ミスだったのか、残念ですが、悩んでいても仕方ないですしね。

これでますます早く離婚を決めないと
婚姻費用分担で妻による抗告への反論は2週間以内だそうです。
S弁護士によると「今までと一緒だから特に反論する必要もないよ」「もし反論するなら、少しくらいなら遅れてもかまわないよ」などと長年の経験からのアドバイスがあったのですが・・・・・・何とか期限に反論を提出しようと頑張っています。

婚姻費用の話は何年も前から調停で話し合ってるので、お互いの言い分は同じことの繰り返し(妻の言い分は無茶苦茶ですが、生活費20万円というのは一貫した主張です)ですから、実際のところ反論する必要性はあまりないのでしょうけどね。
それでも、心配性の私は反論を提出しないと相手の言い分がすべて通ってしまうのではないか考えてしまいます。

心配性がなくなれば裁判の労力も少なくなっていいんだけどなあ
妻からの即時抗告申立書が提出されたので、高等裁判所で婚姻費用(いわゆる生活費)を決めることになりました。

妻の言い分が無茶苦茶なのは、婚姻費用として月20万円を請求してきていることからも明らかです。審判では5万円と裁判所は判断したのですから、いかに妻の言い分がかけ離れているかわかると思います。

高裁はもっと重要な事件を裁くところだと私は思っているので、生活費ぐらいで高裁はばかげてる気もしますね。本人(妻)にとっては死ぬか生きるかの重要な問題なのかもしれませんが・・・・・・
生活費はどうせ離婚までですし、審判で5万円と決まったのだから高裁でも同じような結果だと思いますけどね。

私は審判で決まった5万円をちゃんと払おうと決めていたのですが、こうなったら徹底的に反論して少しでも安くするように努力します。
プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[04/30 taka]
[02/10 Masa]
[08/15 nose]
[11/06 AN]
[05/29 NONAME]
[04/07 NONAME]
[07/02 ペンギン]
[06/26 れいれい]
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
プロのようなホームページ作成「グーペ」
GMOインターネット株式会社【Z.com】
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp