忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
256. 255. 254. 3. 253. 252. 251. 248. 247. 246. 243.
日本では「mixi」などで知られるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、同じ趣味などで交友関係を築いたりする場として最近では利用する人が増えています。
そうしたSNS上でやり取りされた電子メールを、離婚裁判で不倫(不倫だけではありませんが)の証拠として法的に認める見込みであることが先月ニュースで報じられていました。
肉体関係が確認できなくても、SNSでのメールが不倫関係の上でやり取りされたものと判断された場合、不倫の物的証拠として取り上げられるようになるだろうと家庭問題の専門家らが警鐘を鳴らしているということです。

といっても、これはイギリスでの話です。
日本ではまだSNSのメールだけが不倫の証拠になるわけではなく、他の証拠との積み重ねで判断されているようです。

私の離婚裁判では、電子メールが判決に影響を与えていますので、今後は物的証拠になるというニュースはいまいち理解できないのですが、遅れていた法をインターネット時代に合うよう整備するようになったということでしょうか。
SNSのメールと電子メールという違いもありますが。

私が一番心配するのは、メールが偽造された場合のことです。
少し知識のある人間ならメールの内容を偽造するのは簡単なことだと思います。
偽造された側に知識がないと反論するのは難しいですし、手間もかかります。
今の裁判所では、それらしい内容であれば詳しい証拠調べもしないで裁判資料として取り上げられています。
メールだけを証拠として認めるのは、偽造などを見抜ける弁護士や裁判官を研修等で増やしてからでいいような気がします。
世の中にはずるいことをする人間がまだまだいますから。

PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
ムームードメイン
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp