忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
95. 96. 97. 98. 99. 100. 101. 102. 103. 104. 105.
痴話げんか、それも離婚問題でもめてる夫婦で「殴った」だの「蹴られた」だの、こんなくだらない事件は検察だって扱いたくないでしょう。
それとも、くだらなさすぎる事件で忘れ去れているのかも

告訴された当時、「交通事故では、1年以上も経って忘れた頃に不起訴になることもあるよ~」
なんてS弁護士は笑って言ってましたが、すでにその1年を過ぎているんですけどね・・・・・・。
弁護士のアドバイスもあてにならないですね。

不起訴には
1 完全無罪に相当する「嫌疑なし」
2 証拠などが十分ではなく、起訴して有罪に持ち込むのは苦しい「嫌疑不十分」
3 嫌疑はあるけれども、諸事情から、わざわざ裁判にかけて処罰するまでもないという「起訴猶予」
があります。

できれば「嫌疑なし」が希望ですが、警察が入った事件ということと、妻が病院の診断書を提出していることから難しいみたいです。
S弁護士は「嫌疑不十分」あたりの不起訴を狙っているようです。
どちらにせよ不起訴は不起訴ですからね。早く被疑者という汚名を晴らしたいものです。
PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
はぁ?って思ったよ
病院の診断書?
けったり、ぶったりでそんなもの出してくれるの?
「あの~診断書ください」と言えばすぐに書いてくれるもんなの?どんな診断したのか知りたいですね。
例えばレントゲンで骨が折れていたからとかそういうのなら、わかるけど・・・けった、ぶった・・・そういうので診断書が出されるなんて、医者も医者だよね(全治何週間のけがとかかかれてるんですか?)
起訴される理由が「診断書があるから」ならこれから大げさにしたい人はこういう手を使うに限るね。本当に性格のゆがんだ奥さんですね。こういう人間とは離婚したい気持ちわかりますよ。
2008/02/05(Tue)09:43:39 編集
診断書を上手く使いましょう!
一さん、こんにちは。

診断書はすぐに書いてくれますよ。
病院にとっては大事な収入源ですからね。特に個人医院なら・・・・・・。経営が苦しそうならなおさらかもしれませんね。(あくまで個人的な感想です)

妻の診断書には「蹴られた」「殴られた」から怪我をしたという記載はありませんが、普通に打撲・挫創で10日間の加療を要したなどという記載です。
このような怪我なんて自作自演も可能です。怪我をした事実があれば、医師は事実を記載しますから。

本当?と思うかもしれませんが、「診断書」の効果は絶大です。
私の経験からこれは間違いないです!
hirasuga URL 2008/02/05(Tue)09:44:02 編集
診断書
hirasugaさん、お久しぶりです.実をいうと私は医療関係者です.ので診断書について私の立場から述べさせていただきます.
hirasugaさんの言うとおり、診断書は患者さんが殴られたとか鞭打ちで痛いといわれれば書かざるを得ないのが現状です.なぜなら、殴られて痛いと言われれば、これは殴られていないという証明は医師には無理だからです.だからと言って診断書を書かないとすると実際に殴られた人にも書かないことになります.
 診断書の全治10日は、我々としては妥当と考えます.もちろん事実しか書きませんから殴られたかどうかは分かりませんので記載は一切しません.その診断書を裁判所が殴られてできた怪我だと勝手に判断し絶大な効力のあるものにしてしまうところに論理の飛躍があるのです.
 例えば来院時にあざがあったとかなかったとかカルテにはすべて書いてありますので、このカルテ開示時代ですからすべて開示して裁判所は判断すべきです.
ちゃーりー 2008/02/05(Tue)09:44:53 編集
診断書2
一さん、はじめまして.

 残念ながら診断書はすぐに書きます.ただし、軽い気持ちで書いているのではありません.
 現代の医療を勘違いされておられる方が沢山おられますが、実は体のことはまだ1%も分かっていないと思います.
 そのような状況で、すべて正しい診断ができるのでしょうか?私どもは神にはなり得ません.現代の医療では、打撲でさえも客観的な画像等の診断はできません.鞭打ちも腰痛も殆ど真の原因は不明なのです.
 確かに診断書だけ求めてくる怪しげな患者さんもおられます.しかし、客観的な診断ができない限りあなたは嘘を言っているとはいえません.私は患者さんを一度疑って殴られたこともあります.
 殴られた、交通事故等の診断書は医師なら開業医であろうが、誰も書きたくはないものです.それはやはりトラブルに巻き込まれることが多いからです.決して誰も好きで書いているのではないことを理解して下さい.
 私どもが診断書を書くことで多大な迷惑をこうむられる方もおられるので心苦しいのですが、そのように我々を利用する人間と、カルテの内容も見ずにそれを殴られてできた怪我であると判断する司法の不誠実なやり方が、改善することを願います.
ちゃーりー 2008/02/05(Tue)09:45:27 編集
こんばんは
ちゃーりーさん、ありがとうございます。
診断書のことだけでなく、どういう気持ちで医師が診断書を書いているのかよくわかりました。
診断書を悪用する人間が悪いとはわかっていても、診断書を書いた医師に対しても少なからず悪く思っていたことを反省しました。

これからもアドバイスよろしくお願いします。
hirasuga URL 2008/02/05(Tue)09:45:47 編集
Unknown
ちゃーりーさんは医師でしょうか??
かあしゃん 2008/02/05(Tue)09:45:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
ムームードメイン
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp