忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
1. 2.
離婚と平行して裁判をしていた賃金(借金)訴訟の判決が先日出ました。
結果は私の敗訴です。

こういう借金訴訟の場合は100%勝つか負けるかです。
そりゃそうですよね。
例えば、1万円を貸した借りないで争っている場合、そのうち7000円は借りていて、3000円は借りていないとはできませんもんね。
借金があるかないかですから。
今回の敗訴は私にとっては厳しいものでした。

決め手は私の名義で借金をしており、偽造であるとはいえ借用書があったことです。
借用書の鑑定までできなかったのが痛かったですね。
鑑定をするとなると簡易鑑定でも10万円から20万円以上で、正式な鑑定だと50万円などとありましたので簡単にはできません。

今後は鑑定なども含めて新たな証拠を見つけなくてはいけません。
勝てる見込みがあるかも検討して、その上で控訴しようかと考えています。

いずれ具体的に報告することができると思いますが、また訴訟になるかもしれませんので詳細はまたあらためて。

PR
私がやっている訴訟は、離婚だけなく借金もあります。
これも妻が私を苦しめるための手段の一つですが……。

私には借金をしたことも借用書を作った記憶もないのですが、借用書が存在しそこには私のサインと押印があるというのです。
借用書は妻の偽造であることは疑いないのですが、筆跡が私のものに近いことと私名義(妻が使っていたもの)の通帳にお金が振り込まれている事実が私には不利な状況です。

妻は多くのフィクションを織り交ぜているので一部は嘘を暴くことができましたが、全部は難しいですね。離婚訴訟でも同じですが、ありもしないことを嘘だと証明するのは至難の技です。

サインは私の筆跡によく似ていますが、手元に私のものがたくさん残っている妻にしてみれば筆跡をまねて偽造することなどは容易でしょう。
下から透かして書いたり、サインだけしてあったものに印刷をしたなどやり方はいくつか考えられます。
弁護士いわく、そこは裁判官にはわかってもらえないらしいです。押印も妻に預けていた私の印鑑でしたし……。

筆跡鑑定をしたいくらいですが、果たして偽造のサインだと実証できるのか疑問です。パッと見は自分の字ですから。
もし、本物だと決め付けられてしまったら元も子もないですから。

最終兵器にしようと弁護士と決めましたので、今は正攻法でたたっていこうと考えています。

借金訴訟は準備書面でのやりとりがまだ続いています。

妻は遊興に使った自分の借金を私の借金ということにして、財産までも根こそぎ持っていこうと計画しています。
借りた借りないという話なので、裁判所は金の流れを示す資料(通帳など)を提出しなさいということでした。
資料はある程度妻の方から出てきましたが、肝心な部分はありません。都合が悪いところを隠しているので仕方ないでしょうけど……

足りない証拠を補うものとして、結局はつじつま合わせのいつもの作り話です。
妻の話によると、私の借金だという証拠に「私が妻の親類の家まで借金をしに行った」そうです。
それも仕事が休みの日に合わせているのが憎らしいですね。今となっては行ってないということを証明できませんからね。
今週は、借金裁判に向けての資料作りに専念しています。
先日訴状が届いたばかりなのでまだ時間的に余裕はありますが、これから仕事も忙しくなってきそうなので早目に取りかかりました。

これまで何度も答弁書や陳述書などの調停や裁判資料を作ってきたおかげか、だいぶコツがわかってきましたね。
あまり長々と書いてもポイントがずれてしまいますし、そもそも裁判官に読んでもらえません(読んではいるかもしれませんが、流されてしまっていると思います)。
自分の弁護士ですら、「あれ?そんなこと言ってたっけ」なんてこもしょっちゅうでした。

たくさん主張したいのはやまやまでしょうが、簡潔に自分の主張をする方がいい結果につながると思います。

借金の場合はまず借りた事実があるかどうかだそうですから、そこから証明をしていかないと…
予想どおり、妻の親族から訴えられました・・・・・・。
以前郵送されてきた内容証明は、やっぱり伏線でした。

参照→「アイ○ルよりひどいんじゃない?」


妻側の親類からは生活用品や食料などの援助をしてもらったことはありますが、借金をした覚えはありません。

家裁で離婚が決まり、高裁でもそれほど長くかからないうちに離婚が決まってしまうような中で、何か私を困らせたいという妻側の執念なんでしょう。

今度はこちらの裁判にも対応しなくてはいけません。
時間と金と労力の無駄なのがわからないのかな。
このしつこさは異常ですね。
プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
ムームードメイン
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp