忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
1. 2. 3. 4. 5. 6.
妻の嫌がらせはとどまるところを知りません・・・。
今回は、妻が私の職場に電話をかけてきました(電話はしょっちゅうなんですが、手当てのことを言ってきたのは初めて)。目的はただ一つ!私の立場を悪くして、あわよくば辞めさせようというものです。
そこまでやる意味があるのかどうかは普通の人なら判断つくでしょうけどね。

1 生活費を払わない。
2 保険証を渡さない。
3 別居してるのに、前の住所からの交通費をもらっている。
4 生活費を払わないのに扶養手当をもらっている。
5 不倫をしている。
6 暴力夫である。

言ってきた内容はこんなところです。言っていることはとってもせこいです。でも、私は相当のダメージをくらいました・・・

離婚で裁判や調停で話し合っているときに、職場に言ってくることじゃないですよ
お門違いもはなはだしいです。常識が無さ過ぎて言葉もない。離婚は職場にはまったく関係ないですからね。訴えるなら裁判所です。
まあ、妻も考えて手当てのことや保険証のことなど職場に関わりそうなところを出してきてはいるんですが。
生活費は調停ですでに決まっていることでしっかり払っているし、保険証だって弁護士を通して話し合いの最中だし。正々堂々とやっていることがばからしくなります。妻のやっていることは明らかにルール違反ですもん。あーもうやめて欲しいです。

職場に嫌がらせをしてくるっていうのは、最低ですね。
PR
職場への妻の嫌がらせが復活しました・・・この何日か私はその対応で振り回されています
こんなかわいい感じではなく、もっと強いショックなんですが。

いやー本当に疲れます。離婚裁判中であり、交渉等は代理人である弁護士を通してすることになっているにもかかわらずです。私への嫌がらせを妻は弁護士や裁判所から何度も注意されていてもお構いなしでやってきます。
今回は、私の悪口を職場へ文章で送りつけてきました。もちろん妻の名でです。何をしたいか意味不明の行動なんですけれど・・・私のヒットポイントを奪うということでは効果的ですね

最近は妻の嫌がらせが予想できます。調停、裁判や交渉などで妻は不利になると必ず嫌がらせ等のアクションを起こしてきます。
離婚裁判中であり弁護士同士が交渉中である中での妻の単独行動は、私だけでなく裁判所や弁護士をも馬鹿にした行為だと思います。こういうことって普通に考えれば大きなマイナスだと思いますが、現実にはそうでもないようです。
「精神的に不安になってやった」と言えば許されるんでしょうか・・・。

いつか天罰が下ることを期待してもう少し頑張ります。
付き合っている頃から、ヒステリーになると妻は物を投げて壊すということがたびたびありました。その辺にあるクッションや雑誌といったものからリモコンや ウォークマンなどの高価な物問わずに投げるのです。言わば手当たりしだいってやつです。普通なら投げる瞬間に値段を計算すると思いますけどね。「あ~これ を壊せば3万円か・・・」なんて考えると普通は止めますもんね。
他にも食べ物や飲み物だって何だって投げます。(例 ハチミツ、コーヒー、スパゲッテイ、桃、魚・・・切りがないですが)床や壁紙が汚れようが平気です。後片付けは自分やらないから、後のことは実感がないんでしょうね。

妻は理性がないから平気で高価な物でも投げられるんでしょうね。いくら興奮してても理性は持っていなくちゃと思いますよ。ヒステリックな性格は最初は物にあたりますが、そのうち対象が人間に代わって行くんですね。暴言、暴力に代わっていくのには時間はかかりませんから。

私の場合、結婚前に妻が物を投げたのは2回ありました。ハチミツと皿でしたが、この時はけんかをしたときだったのでヒステリーだなとは感じながらも深くは 考えませんでした。それが失敗だったですね。彼氏、彼女が物を投げるような人ならよくよく考えたほうがいいですよ。誤って結婚してしまった人は、離婚調停 や裁判に負けないように証拠収集にいそしみましょう!

私の経験からすると、高価な物か食べ物を投げる女(男)は絶対やめたほうがいいです。(暴力は論外ですよ)

理由
1 理性がない(ヒステリックでいずれDVに発展)
2 金銭感覚がおかしい(壊れても買えばいいと思っている。物を大切にしない)
3 家事をしない(きれい好きの人は物なんて投げません)
4 愛情がない(狙って投げてきたら確実)
5 わがまま(自分の思い通りにいかないと駄々をこねる。こね方が尋常ではない)
実は、私は妻からDV(?)で訴えられています。来週、検察で事情聴取が行われます。私は被疑者という立場です。でも、これは妻による嘘の刑事告訴です。私は暴力などふるってないのですが、妻に上手くはめられました。不注意といえばそれまでですが・・・。

背景には、離婚訴訟で妻が不利な状況であることが挙げられます。妻の不利な材料は、浪費、不貞、親との不仲など数え上げれば切りがありません。私を暴力夫 に仕立て上げることで、妻は逆転を狙って離婚問題を有利に進めようとしているのです。慰謝料をできるだけとろうと考えているのは誰が見てもわかります。も う一つは私が職場にいられないようにするために。私への腹いせだけで妻は行動しているのです。被疑者となれば、どういう状況であれ職場では白い目で見られ ますからね。

こうした暴力で女性からの訴えがあると男性は圧倒的に不利です。離婚を有利するために、夫から暴力を受けたように自分でけがを作って病院で治療を受ければ いいのです。けがは、引っかき傷、打撲のあとなど何でもありです。要は病院の診断書があれば。診断書は全治何日と書かれているだけですが、夫から殴られて こういうけがをしましたと調停なんかで話せば、条件も良くなるんじゃないかと思います。別居をしていないのなら相手の不利な材料はいくらでも作り上げられ ます。痴漢事件と同じですね。
やっていないことを証明するのはとても難しいことなのです。
結婚契約というのは必要なのかもしれませんね・・・。でも契約に縛られた生活はすぐだめになります。

私は結婚当初妻といろいろなルールを決めました。例えば、小遣いはいくらとか。でも仲が冷えてくるにつれそのルールが苦痛で仕方がありませんでした。私は「ルールを変えてくれ」と頼み、妻は「ルールだ」の一点張り。
夫婦にはルールが必要なのかもしれませんが、それだけに縛られる生活は長く続かないと思います。私は、契約というよりはいつも夫婦が話し合ってお互いが幸せになるようにしていくことが大事だと思いますよ。

契約とは少し違うかもしれませんが、私はこういうイメージです。
離婚するときの契約も盛り込んでおけばよかったかな・・・・・・
プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/30 taka]
[02/10 Masa]
[08/15 nose]
[11/06 AN]
[05/29 NONAME]
[04/07 NONAME]
[07/02 ペンギン]
[06/26 れいれい]
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
プロのようなホームページ作成「グーペ」
GMOインターネット株式会社【Z.com】
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp