忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
26. 27. 28. 244. 29. 30. 31. 32. 33. 34. 35.
妻は実家依存症で、友人・家族依存症でもありました。
当然、自分の家族と自分の友人だけです。

男が母親に異常に依存するのがマザコンであれば、妻は完全に身内コンプレックスですね。
マザコン同様、身内コンだって離婚原因にもなり得るというのが私の実感です。

妻は、自分の家族や友人に対する気遣いを異常なくらい持っていました。
実家へは家具、電化製品や食品などを頻繁に購入して送り、自分の友人を食事に呼んだりすることもしょっちゅうでした。
たぶん、家族や友人から褒められたり羨ましがられたりすることが生きがいであったのでしょう。
しかし、私の友人や家族にはまったく関心を示しません。
それをたしなめきれなかった私も悪いと思いますが、30年以上の性格や考え方を変えることは難しいものです。

コンプレックスがある人間は自分が依存する相手以外を見下します。私や家族のことを見下すというより、存在すら眼中になかったのかもしれません。
私のことなど見向きもしないくせに、身内のことがすべてという状態はモラハラの一種でもあるのでしょうね。

私は離婚原因の一つとして離婚調停や離婚裁判で主張していますが、妻は「そんなことはない。夫の実家とは仲良くやっていた。何度も遊びに行ったりきたりした。」などと平気で嘘をつきます。
これだって証拠がないから反論しにくいんですよね……どうしようかな
PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
だったら
実家の間取りとか 周りの風景とか すらすら答えることが出来る。ってことですよね☆
2008/02/05(Tue)22:20:34 編集
同じですね・・
自分の親や友人だけを大切にして、私の身内は眼中に無い・・そして裁判では 私の親を自分の親と思い大切にしていた、仲が良かったと言っています。私の親と顔を合わせるのは年に2回ほど まるで他人でした 
相手方が一審に提出した書面は嘘と詭弁のオンパレード、二審の控訴理由を何とするのか・・反論するのも気が重いです。 同じ様な人がいるんですね。 
ユーミン 2008/02/05(Tue)22:21:07 編集
どこも同じなんですね……
ユーミンさん、こんにちは。
嘘っぱちに反論するのは本当に面倒ですね。離婚の裁判なんて1回でいいじゃないかなと思いますよね。

私の方も特に変わりなく今年も終わりそうです。
でもまあ、今年は家裁の判決が出ただけでも良しとします!
hirasuga URL 2008/02/05(Tue)22:22:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
ムームードメイン
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp