忍者ブログ
離婚でもめてる平凡な30代サラリーマンのhirasugaです。 普通に協議離婚をしたかったのですが、妻と取りまきによる異常な行動で泥沼離婚に! 離婚調停、離婚審判、離婚裁判に刑事告訴……損害賠償請求訴訟などなど。職場や友人への嫌がらせもあり金銭的にも精神的にも疲労困憊です。 それでも苦難を地道に乗り越え、最高裁まで進んだ5年に及ぶ離婚騒動に勝利するまでのブログです。
1. 2. 3. 4. 5. 6.
久しぶりの更新ですね。hirasugaです。

最高裁で離婚を勝ち取ったのはいいものの、財産分与でもめてまして……。
なかなかブログを更新する気持ちにはなりませんでした。
もちろん、私がもめたいと願ってのことではありませんが、それがようやく最近になって終止符が打たれました。
離婚してから約4年。
私にとっては納得がいく結末ではありませんでしたが、これで完全に縁が切れて晴れ晴れした気分です。
いずれ、顛末をご報告したいと思っています。

他にも久しぶりに更新しようと思った理由が、高島政伸さんと美元さんの離婚裁判の報道をみたからです。
芸能人ということや争う金額が違うことなどを除けば、自分のことのような気がしてなりません。
世間の見方では、高島さんがかわいそうだという方が多いのかもしれません。
でも、裁判ではあまり感情なんかは関係ありません。
どう考えても金目当てだなと思われても、すべてが資料と証拠で進んでしまいます。
離婚にも裁判員制度があればいいのですけど。

高島さんの裁判は、もめにもめていきつくところまでいくでしょう。
その後も財産分与でもめて……。
まさしく自分をみているようです。
そんな私は、高島さんをついつい応援してしまいます。
PR
2日午後2時40分ごろ、横浜市中区太田町1丁目のビル9階にある「横浜みらい法律事務所」で、刃物を持った男と弁護士がもみ合っていると、事務所の女性職員から110番通報があった。駆けつけた神奈川県警が、この事務所に所属する弁護士の前野義広さん(42)が刃物で胸付近を刺されて倒れているのを確認。前野さんは病院に運ばれたが、死亡した。刺した男は逃げており、県警は殺人容疑で行方を追っている。

事務所が扱っていた離婚をめぐる案件でトラブルがあったとの情報もあり、県警は関連を調べている。

県警によると、逃げた男は30歳ぐらい。身長約170センチで細身だった。白と黒のTシャツを重ね着し、ベージュ色のズボンで、リュックを背負っていた。事務所の女性職員は「面識はない」と話している。また、前野弁護士が所属する横浜弁護士会によると、この日の男の訪問は、事前に予定されていたものではなかったという。

調べによると、凶器はサバイバルナイフのような大型の刃物で、事務所内で見つかった。男が持ち込んだとみられる。男は手袋をはめていたといい、県警は計画的な犯行だった可能性があるとみている。前野弁護士と刃物を持った男がもみ合っているのに外出から戻った女性職員が気づき、隣接するホテルに駆け込んだという。

女性職員に対応したホテル従業員によると、「助けてください」と声がしたのでフロントに行くと、女性職員がいて、「電話を貸してください」と慌てた様子で話したため、フロント卓上の電話を貸した。通報からしばらくして警察官が来て、女性職員は一緒に出て行ったという。

事件があったビルの別の法律事務所で働く男性弁護士(35)は当時、自分の事務所内にいた。「『ナイフを持った人がビルの中にいる』と連絡があり、鍵を閉めて待機した。同じ弁護士として怖い」と話した。

横浜弁護士会によると、前野弁護士は2007年9月に弁護士登録し、横浜みらい法律事務所に入った。登録当時に弁護士会新聞に掲載された自己紹介によると、三重県出身。関心のある分野として消費者問題や家事事件を挙げていた。

複数の弁護士によると、横浜みらい法律事務所は所長の影山秀人弁護士が1997年に設立。所属は前野弁護士と2人で、民事事件を中心に扱っていたという。asahi.com

財産分与請求調停不成立の通知書が届きました。

相も変わらず、単なる茶封筒という素っ気なさです。

審判に移行するという通知書も同封されていました。

審判は10月です。

早く裁判で決めてもらいたいというのが本音なので、審判にはまったく期待していませんし、本音としては早く終わらせてほしいものです。

相手が相手だけに、強制力がないものを何度やっても同じです。

日本って本当にこういった手順が好きですね。

裁判所の人に無駄な仕事をたくさんさせてしまって、なんだか申し訳ないです……。 

離婚のような民事訴訟では、裁判に欠席してそのままだと裁判に負けてしまいます。

これは、欠席すること自体が相手の言い分を認めたと同じだからです。

しかし、弁護士が代理人として裁判に出たり、答弁書を提出したりすれば、欠席したことにはなりません。



先日行われた共有物分割訴訟では、元妻は体調が悪いとのことで、次は10月になりました。

最近は同じ内容で申し訳ありませんが、進展がないので……。



毎回思うことですが、体調が悪いなら前もって期日を変更したいと言ってくれればいいのです。

当日は弁護士だけ来て「本人は体調が悪いので、今回は何も準備できていません」って、どう考えてもおかしいです。

その日は、次回の予定調整をするだけなのです。

弁護士が裁判所に来てやる仕事ですか……。電話でことが足ります。


元妻は体も動かせず、声も出せないような状況なんでしょうか。

そんな状態なら少なくとも入院はしているんでしょう。病名はあるのでしょうか。

得意の診断書を提出してもらいです。

離婚のときなんかは、全治1週間のあざでも診断書がばしばし出てきたんですから。


こういうやる気がない相手に対しては、裁判官は欠席とみなしてもらいたいです。

そもそも、期日は裁判官や弁護士など自分たちで決めているのですから、ずっと体調が悪いなんて欠席の理由になりません。

何度もこんなことが続くようなら、欠席裁判にしてほしいですね。

裁判を受ける権利をこちらが侵害されているのですから。

代理人として弁護士に裁判所に行ってもらうのは無料ではありません。

相手のいい加減な行動で、私は経済的ダメージを受けています。




とうとう裁判員による裁判が始まりました。

一般人の常識が反映されることはいいことですね。

裁判自体の時間も短縮されるようですので、これが他の裁判(離婚など)にいい影響を与えてほしいものです。


以前、離婚裁判のような民事事件にも裁判員制度を取り入れてもらいたいと書きましたが、実際問題としては難しいかもしれませんね。

なにせ、離婚裁判で出されてくる証拠は、「?」がつくようなものが多いですから。

どれが事実だかわからないような中で判断するのは厳しいものがあります。

ともかく、判決まで早くなってくれればいいなと思います。

 

プロフィール
HN:
hirasuga(ヒラスガ)
性別:
男性
職業:
30代サラリーマン
自己紹介:
離婚でもめてる普通の30代です。家を追い出され、調停や訴訟をし、生活費でもめて審判から高裁また調停、妻から嫌がらせを受け、虚偽の刑事告訴で被疑者になり・・・それでもめげずに仕事や勉強に頑張っています!
離婚に関する情報
離婚で所有した共有不動産の無料相談
ご存知ですか?相続や離婚で所有した共有持分のみ売却できることを!
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
heteml
大容量・高機能レンタルサーバー
ムームードメイン
マッチ・ドットコム
世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp